2013年12月22日

和民(ワタミ)

和民は全国各地に点在する居酒屋チェーン店。
環境への配慮という視点に絞れば、おそらく日本一のレストランではないでしょうか。

ISO14001認証取得。環境省「エコ・ファースト企業」認定。しかもCO2削減、食品リサイクル、有機農業、森林保全、風力発電など多岐にわたる環境保全活動を行っています。特に食品リサイクルを大手レストランが行う意義は大きく、高く評価されるべきと思います。

この詳細は下記ワタミのホームページで確認できます。
http://www.watami.co.jp/eco/kankyo/ktop.html

私は川西市の和民を個人的に利用したり、天王寺の和民を里環境の会の追いコンで利用したりしました。値段は他のチェーン店に比べれば平均的で、お味は平均よりやや良い(ただし店舗により味に差はある)。有機野菜を使っているのでサラダがおいしい。
これで環境への配慮が十分に行き届いているので、何となくお得感があります。

なお、和民はこれだけ環境に配慮しながらも、良い業績を維持し続けている驚くべき企業です。
その偉業のしわ寄せが末端の従業員に来ていないことを願いつつ、今後の発展を祈ります。

(文責:道下雄大)
posted by 道下雄大 at 17:31| Comment(1) | 全国展開店
この記事へのコメント
ISOについては、非常に問題点もかかえています。
実際、発祥地のイギリスでは消えつつあります。
理由は「仕様書」を書く手間などが形骸化している、
というものもありますが、
日本の場合は事情が多少違います。
認証団体が、
天下りや官僚の息子で占められているのです。
これが実態です。
私が所属していたコンサル会社も
どちらも取得しましたが、
認証団体との付き合いもあり、
ISOのせいで業務が捗らないが現場の声でしょう。
この辺りは10年ほど前から
詳しく雑誌や新聞が追及しています。

上述は直でディスカッションしましょう。

自社農場を持つことは評価できますね。
ワンストップのサービスは大きな視点でみると、
ミニ循環社会です。
Posted by 山本京嗣 at 2014年04月12日 17:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: